2009年05月14日

松ケン&菊地が濃厚”濡れ場”「ノルウェイの森」で


作家、村上春樹氏(60)の大ベストセラー小説「ノルウェイの森」がついに映画化される。(トラン・アン・ユン監督、来秋公開)
その主要キャストが13日、発表された。→ranking

主人公・ワタナベは松山ケンイチ(24)、恋人・直子役には菊地凛子(28)が決定。もう1人のヒロイン、緑にはモデルの水原希子(18)を大抜てきした。
原作を忠実に再現するといい、松ケンと菊地の濃厚な濡れ場が期待できそうだ。→ranking
(以下引用)
上下巻合わせて国内だけで920万部を誇る大人気小説の映画版キャストが、ついに決定した。→ranking

ノルウェイの森」は友人の死を乗り越えようとする大学生・ワタナベを軸に、青春時代の様々な葛藤を描いた恋愛物語。その主要キャストに選ばれたのが松ケン、菊地、水原だ。→ranking

それぞれ、ベトナム系フランス人のユン監督がオーディションで一目ぼれ。松ケンは「ワタナベと僕の共通点は少なからずあるような気がします」と早くも役作りに没頭し、原作の大ファンという菊地も「どうしてもこの役をやりたかった」と意欲を見せる。同作が女優デビューとなる米国人と在日韓国人のハーフ、水原は「自分の心に素直になって演じたい」と熱演を約束した。→ranking


6月からいよいよ本格クランクインするが、次に注目を集めるのは原作通りの濡れ場はあるか。同作のエグゼクティブ・プロデューサー、小川真司氏は「物語は、ほぼ原作のまま」と明言。現時点でどこまで“見せる”かは未定だが、若者の恋愛を表現する大切なシーンの1つとして、直子らの濡れ場は描く予定だ。→ranking

直子役の菊地は、2007年日本公開の米映画「バベル」で鮮烈ヌードを披露。体当たり演技で米アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた実績を持つだけに、松ケンとの絡みも期待される。→ranking


そんな松ケン小雪(32)との交際が報じられたばかり。松ケンの主演映画「カムイ外伝」の撮影で菊地が重傷を負い、小雪が代わってヒロインを務めたことから急接近したという奇妙な縁もある。その菊地松ケンが今度はラブシーンを演じるなんて、小雪もヤキモキしちゃう?(引用元:サンスポ)→ranking

今まで映画化されなかったのが不思議なくらいの大ベストセラーがついに映画化です。
ただ、原作が面白いと、それを映画にするには、特に心理描写をどう表現するのか?とか、2時間程度にどうまとめるのか?など、難しい面も多いですね。

原作に忠実に描くということですが、さて、どんな映像・ストーリーになるのか?今から楽しみですね。→ranking


■松山ケンイチ 発掘画像→こちら

■菊池凛子 「バベル」でのヌード・その他お宝画像→こちら


芸能ニュース
有名人の機内での素顔!注意に逆切れ窪塚、会話は英語の工藤静香など芸能ランキング1位/エンタメスクープさん

衝撃のコブクロ電撃解散!?小渕離婚騒動の行方芸能ランキング3位
速報!芸能フライデーさん

衝撃画像2発新垣結衣が●乳ポロリ&卒業アルバム 画像芸能ランキング6位/アイドル図鑑・お宝画像さん

その他の最新お奨め芸能ニュース→芸能広場

エンタメチーターのトップページへ戻る
スポンサードリンク
posted by エンタメチーター at 05:57 | Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。