2009年04月18日

エロすぎる?叶姉妹のブログの一部が閲覧できず【削除記事掲載】


タレントの叶姉妹の公式ブログの携帯版の一部が「健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がありアクセスすることができません」との理由で閲覧できなくなっている。→ranking

健全なサイト運営にふさわしくないとは、どんな過激なことが書かれているのでしょう?叶姉妹のことなので、相当エロいのでしょうか?覗いてみましょう。→ranking
(以下引用)
こんなセっクスが、
この世にあるなんて

知らなかった。

それとも、
この胸にこみ上げる

苦しいような
熱いような思いは、
欲情ではなく、
もっと別のものだろうか。

「…あ…ん

 ……ああ、……あああ!」 


彼女が教えた

何かであることに、
間違いはない。

ならば、

彼女にそれが
なんだか

教えてもらうまでのことだ。

「KOKO……もっと

………もっと君と愛し合いたい……」

そう体から吹きこぼれる

汗のように、
胸の奥から唇へと
押し出された言葉に、
黒髪の青年は驚いた。

今、自分は
愛し合いたいと

言った。

口に出してみて、
はっきりとその思いは
形になって湧き上がる。 

腰を強く抱いて

押さえて、
そのまま突き上げる。

肌を打つ音が

響くのも、
濡れた音が

立つのも、
かまってはいられない。

「あっあっああ……っ」

彼女の声が、
背中に耳をつけると

よく聞こえた。
 
彼女の体の中で、
その声は反響して、
触れた肌を通して

伝わってくる。

もっとよく聞きたいと思って、
胸を掴んで

さらに引き寄せた。 

すると、
彼女の中のうねりは、
ひくひくと早く激しくなって、
あっという間に

大きな波の中に、
青年を投げ込んだ。

「……くっ
  ……ああ、KOKO!」
 
青年は、

彼女の胸で
十字をかかげるように両肩に回した腕に、
ぎゅっと力を込めた。

彼が抱きしめた女の名前は

KOKO。

今夜、青年を招待した紳士の、
人生の中で

最も大切な存在だ。

青年は彼女の中で、
幾度も震えながら、

彼女にふさわしいのは自分だと、
今ここで

叫びだしてしまいたかった。


(続く)
========

この続きは明日このブログで
黒髪のアマン8
テーマ:官能小説「愛するということ」(引用元:叶姉妹オフィシャルブログ)


・・・・・・・・・・・
相当エロいですね。

このコンテンツは叶恭子(46)が初主演する官能映画「イル・ベント・エ・レ・ローゼ 愛するということ」(5月公開)の小説版。今月10日から毎日“公開連載”していたが、16日分の「黒髪のアマン8」にアクセスすると、「この記事には一部、Amebaモバイルの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がありアクセスすることができません」と表示される(17日午前11時現在)。PC版では同内容を通常通り閲覧できる。

これに対し叶姉妹は「悲しいです。」とのタイトルでブログを更新し「ビックリしました」と、寝耳に水の事態であることを報告。「アメーバの決まりか、何かなのでしょう。明日アメーバの方に聞いてみますね」と確認を急ぐ一方「このような出来事はとても悲しくおもいます。『エロス』と『エロ』は全く違うと思っておりますので」との持論を展開している。(引用元:スポニチ)

この内容を映画でやる・・・
叶恭子様しかふさわしくないですね。


芸能ニュース
路チュー!次課長の河本が…] 芸能ランキング2位エンタメスクープさん

[中野美奈子がノイローゼに…]芸能ランキング4位芸能界の裏の顔さん

[中居が父親に紹介した結婚…]芸能ランキング8位速報!芸能フライデーさん

その他の最新お奨め芸能ニュース→芸能広場

エンタメチーターのトップページへ戻る


スポンサードリンク
posted by エンタメチーター at 06:13 | Comment(0) | 芸能ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。