2009年03月10日

『ヤッターマン』で深田恭子が"倒錯美"の世界へ


ドロンジョさま(深田恭子)の「スカポンタン!」ほか決め台詞とお約束のギャグが次々と飛び出す実写版『ヤッターマン』。三池崇史流おバカ歌舞伎の誕生だ。(c)2008タツノコプロ/ヤッターマン製作委員会
(引用:日刊サイゾー)

それにしても、深田恭子のドロンジョははまり役ですね。
あの、ボンデージルックがこんなに似合うとは思わなかった。

本人もノリノリでやってたみたいですが、そのおかげでいまや、→ranking
(以下引用:日刊サイゾー)
国民的セックスシンボルに!日本における国民的セックスシンボルといえば、『アース渦巻』のCMやTBSドラマ『水戸黄門』でおなじみ由美かおるが長年そのポジションを占めてきたが、今やその地位は実写版『ヤッターマン』でボンテージルックに身を包んだ"ドロンジョさま"こと深田恭子のものとなった。それほど三池崇史監督の『ヤッターマン』におけるドロンジョさまは光り輝いている。ドロンジョさまを崇めるボヤッキー(生瀬勝久)、トンズラー(ケンドーコバヤシ)を配下に従え、悪いことに夢中になっている彼女の姿は、生き生きとして眩しいほどだ。『ヤッターマン』は、およそヒーロー映画とは思えないほど、正義と悪の関係がねじれた倒錯した世界となっている。→ranking

しかも、ドロンジョとヤッターマン1号(櫻井翔)は追いつ追われつの関係を続けることで、微妙な関係となっていく。お互いに相手のことを、自分が持っていないものを持った、もう1人の理想の自分として意識し始める。それは、まるで江戸川乱歩のミステリー『黒蜥蜴』の女盗賊・緑川夫人と名探偵・明智小五郎の"危ない関係"のようだ。マスクで顔の半分を隠したドロンジョさまが自分の内面を告白するシーンは非常に切ない。顔を隠して、心は隠さず。こんなヤバい役をフカキョンに演じさせるとは......。三池版『ヤッターマン』を観た健全な少年少女たちは、将来立派なボンテージマニアに成長するに違いない。(引用終り)→ranking

『ヤッターマン』、相当観たくなりました。
よく実写化できたなーという思いから始まって、深田恭子がよくドロンジョ役受けたなーと感心していたのですが、こうなると、映画そのものが観たくなりますね。
深田恭子は下妻物語のように、コスプレ系がすきなのかもしれないですね。)→下妻物語_しもつま☆ものがたり_スペシャル☆エディション
それにしても、『ヤッターマン2号』こと福田沙紀の名前が本文中に出てこないのが若干気になりましたが。。。
やはり、この映画の主役はドロンジョ様なのでしょうか?
それも確認したいですね。



もっと芸能ニュースを楽しみたい方は、→人気ブログランキングへ
もっと芸能ニュースを楽しみたい方は、→芸能広場へ

トップページへ戻る


スポンサードリンク
posted by エンタメチーター at 22:22 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。